ヒルクライム向け峠情報をルートや写真などを添えて紹介
 
柳谷3コース中のロングコース

2019/11/27

完登数 : お気に入り :
峠DATA
距離
6.9km
獲得標高
358m
平均斜度
5.2%
最高斜度
15%

 府道79号線・伏見柳谷高槻線を北上、登頂部にあるベニーカントリー倶楽部を目指すコース。
 北摂のヒルクライム聖地の一つ「柳谷」にある3コース、長岡京側・島本町側・高槻市側の最も距離の長いコース。
 構成は5~7%から10%前後、そして15%と段々厳しくなる2.7Kmの前半区間と、3~5%程度が中心の4.2Kmある後半区間という、真っ二つに分かれる。
 特に前半部分のみを指し、川久保峠と呼ばれることもある。
 景観も広く綺麗に整備された都市部ヒルクライムな序盤や、峠道、そして林間道とバラエティ豊かである。
 全長が長く後半緩斜路が続くため平均は5.2%と大人しい表記になっているが、前半1/3はそれなりにキツい。
 路面は申し分なく景観も良いが、前半はトラックの往来が多いので要注意。

スタート地点

スタート地点

 正面に岩滝寺の石碑が見える左コーナーがスタート。
 手前200mの喫茶「クレー」が超目立つので、それが目印になる。

高架前の分岐点

高架前の分岐点

 スタートから1Km程、軽めの峠道を過ぎると突然道が開け綺麗に整備された場所に出る。
 直進して前方に見える高架をくぐろう。

高架下

高架下

 新名神の高架をくぐる辺りから斜度が増してくる。
 高架直後に12%程度の坂があり、その後緩急が繰り返される。

1.7Km地点

1.7Km地点

 正面に見える山へと入って行く。
 この前後も10%前後で緩急が繰り返される。

2.1Km地点の休憩ポイント

2.1Km地点の休憩ポイント

 前方の左コーナーを抜けると平坦路200mが来る。
 この平坦路でしっかりと足や呼吸を休めて欲しい。
 なぜなら直後にこのコース最大の壁が来るからだ。

高槻国際射撃場前

高槻国際射撃場前

 左手に見える「高槻国際射撃場」からの300mがこのコース最大の壁。
 概ね10~12%で最大15%、距離もあるので心が折れそうになる。

【壁終了のお知らせ】

【壁終了のお知らせ】

 「もう足着こうかな」と思った頃に見えてくるカーブミラー。
 このカーブミラーで壁は終わるので頑張れ!

祝福の三叉路

祝福の三叉路

 カーブミラー後の三叉路を左へ。
 ここで前半2.7Kmが終わり、穏やかな後半開始。
 ここをゴールとした川久保峠と呼ばれることもある。

林間道へ

林間道へ

 三叉路を左へ進むと、しばらく緩い下りがあり再び登り始める。
 とは言えここからはほぼ3~5%の軽いもの。

林間道

林間道

 林間道はトラックは来ないがゴルフ客の車が少し。
 また冬場は雪や凍結が割とあるので注意。

集落

集落

 プロゴルファーの写った大きな看板を過ぎると集落が現れる。
 ここから残り1Km程度。

ゴール地点

ゴール地点

 ベニーカントリー倶楽部前でゴール。
 このまま先へ進むと、柳谷(長岡京側)や柳谷(島本町側)の逆走コースとなる。
 ゴール向こうは急な下りなので要注意。

 当サイトは関西を中心に、ロードバイクなどの自転車でヒルクライムを楽しめる峠について、マップや写真を添えたコースガイドサイトです。
 ここに掲載されている情報はすべて管理人(Nalcise)が実際に走行し、収集・作成しております。
 データ作成に当たり、関西ヒルクライムTT 峠資料室を参考にさせて頂いております。

- 戻る -