ヒルクライム向け峠情報をルートや写真などを添えて紹介
 
初見殺し!ゴール詐欺にご注意を

2021/11/08

完登数 : お気に入り :
峠DATA
距離
1.19km
獲得標高
109m
平均斜度
9.16%
最高斜度
16%

 府道107号線・雲ヶ畑下杉坂線の東端の小橋から、頂上のピークを目指すコース。
 全長1.2Km、平均斜度9%強と勾配はキツいながらも距離の短いスペック。
 構成はスタート直後のストレートが最も勾配がキツく、最大瞬間16%の長めの壁があり、それ以降は10%程度の強坂の緩急が繰り返される、最初がキツいタイプ。
 距離が短く、元気な序盤に壁を迎えるため、勢いで乗り切りやすい攻めやすさはある。
 注意点は第一ヘアピンのインコースで、勾配がかなりキツい上に落ち葉などの堆積物があるため、タイムアタックなどでイン側を攻めると思わぬスリップによる落車の危険性がある。
 また道幅が狭くブラインドになっているコーナーもいくつかあるので、滅多に対向車が来る場所ではないが、注意して走行して欲しい。
 そしてこのコース最大の注意点は初見殺しと言ってもいい、ゴール詐欺があること。
 「そろそろゴールかな?」と思う絶好のタイミングで強坂が終わり視界が開けるポイントがあり、そこがゴールだと勘違いさせられる。
 とは言え、そこからゴールまでの200mはかなり緩くなっているので、それを楽しむのも一興。

スタート地点

スタート地点

 雲ヶ畑のゴール1Km手前の分岐からスタート。
 周りに案内板などがあり、見落とすことはまずない。

序盤ストレート

序盤ストレート

 スタート直後の右コーナーを抜けた後のストレート。
 12~13%から始まり最大16%ぐらいまで強まる。

左ヘアピン

左ヘアピン

 ストレート後のヘアピンはイン側の勾配がキツい。
 落ち葉などもあるので、大回りをしよう。

S字コーナー

S字コーナー

 400m地点、ヘアピン後のS字コーナー。
 ヘアピンを過ぎると10%程度に緩まってくる。

中間地点

中間地点

 ご覧のように広くはないが綺麗な路面。
 落ち葉に少し注意すれば、後は問題ない。

右コーナー

右コーナー

 800m地点の右コーナーもイン側がキツい。
 ブラインドにもなっているので、キープレフトで。

ゴール詐欺

ゴール詐欺

 ワインディングを抜けた先に視界が広がる。
 初見だと間違いなく頂上だと勘違いするだろう。

広がる景観

広がる景観

 林に囲まれた狭い視野の世界から急に広がる景観。
 ただしゴールは更に200m先。

ゴール地点

ゴール地点

 緩やかな勾配を200m進んだ先がゴール。
 特に何もない、少し戻って景観を楽しもう。

 当サイトは関西を中心に、ロードバイクなどの自転車でヒルクライムを楽しめる峠について、マップや写真を添えたコースガイドサイトです。
 ここに掲載されている情報はすべて管理人(Nalcise)が実際に走行し、収集・作成しております。
 データ作成に当たり、関西ヒルクライムTT 峠資料室を参考にさせて頂いております。

- 戻る -