ヒルクライム向け峠情報をルートや写真などを添えて紹介
 
山里裏の小さな林道峠道

2022/06/15

完登数 : お気に入り :
峠DATA
距離
1.44Km
獲得標高
91m
平均斜度
6.32%
最高斜度
14.4%

 府道54号線沿いに立つ青い看板横にある分岐からスタートし、集落を抜けて頂上ピークを目指すコース。
 全長1.5Km弱、平均勾配6%強のかなり小さめにギュッとまとまった印象を受ける。
 このコースの反対側である暮坂峠(東側)とはかなり趣が違い、広い道路で構成された東側とは打って変わって、狭い林道を中心としたコースである。
 田んぼ横の平坦な道からスタートし、集落を抜けた先にある小さな橋から林道が始まり、そこからが登りの始まり。
 勾配が上がった林道は、例に漏れず狭めの道に多少の落ち葉などの堆積物がある。
 とは言え、林道としては広めで綺麗な道の部類に入り、初心者向け林道コースと言っても良いだろう。
 序盤と終盤は勾配も緩く、中盤に集中して勾配が強まっているので、ペース配分も難しく考える必要はない。
 小さいながらも九十九折りやヘアピン、S字にストレートとバラエティ豊かで、正に林道コースのミニチュアといったところである。

スタート地点

スタート地点

 府道54号線、宿野付近の青い看板が目印。
 府道から集落へ入って行くようにスタートする。

序盤

序盤

 先ずは田んぼの中の平坦な直線からスタート。
 序盤に峠道の趣はない。

小さな橋

小さな橋

 集落を抜けた先の小さな橋を越える。
 ここから林道が始まり、10~12%の登りになる。

第一ヘアピン

第一ヘアピン

 400m地点のここから九十九折りが始まる。
 特にここ第一ヘアピンは路面が悪く注意が必要。

第二ヘアピン

第二ヘアピン

 第二ヘアピンにかかる頃には路面も回復する。

景観

景観

 九十九折りを抜けた先からの眺望。
 田畑に囲まれた集落が望める。

ストレート

ストレート

 900m地点の少し長めのストレート。
 ここは少し勾配が緩むので、足を休めよう。

民家横の激坂

民家横の激坂

 1.1Km地点、左に民家の見える14%の激坂。
 短い壁なので全力で一気に登ってしまって問題ない。

最後のヘアピン

最後のヘアピン

 激坂の壁を登った先の右ヘアピン。
 登りはここで終わりと考えて問題ない。

ゴール地点

ゴール地点

 軽い下りや平坦の後の、再び軽い登りの先がゴール。
 ゴールの先は広い下りになるので、スピードに注意。

 当サイトは関西を中心に、ロードバイクなどの自転車でヒルクライムを楽しめる峠について、マップや写真を添えたコースガイドサイトです。
 ここに掲載されている情報はすべて管理人(Nalcise)が実際に走行し、収集・作成しております。
 データ作成に当たり、関西ヒルクライムTT 峠資料室を参考にさせて頂いております。

- 戻る -