ヒルクライム向け峠情報をルートや写真などを添えて紹介
 
和束町、南の入り口激坂コース

2021/02/26

完登数 : お気に入り :

スタート地点:国道163号線、笠置橋西の分岐

ゴール地点 :三国越林道との合流T字路

最寄り駅  :JR 笠置駅

その他   :補給情報

距離  :3.61km  獲得標高:361m

平均斜度:10.00%   最高斜度:20%

 国道163号笠置橋近くから切山の集落を経て三国越林道に至るコース。
 全長3.6Km、平均斜度10%というスペックであるが、大きく緩急の付いた構成となっており、15%~20%の激坂が何度も現れるため、体感としての平均斜度はもっと高い。
 緩急があるということは休めるポイントがあることを意味し、初見かどうかでコース難易度が大きく変わって来ると思われる。
 コース構成は前半の集落内と後半の林道の二つに分かれ、激坂は前半に集中しており、後半に激坂はほとんどなく、10%前後の耐久コースといった趣き。
 攻略のコツは、前半の激坂で体力を使い切らないことと、少し行儀が悪いが、右寄りにアスファルトの上を走ること。
 集落内はコンクリート舗装が敷かれているが、このコンクリートの目が粗くタイヤの転がりが悪い。
 それに対し中央右寄りにあるアスファルト部は割と滑らかなので、そこを走ると幾分楽である。
 なかなかの難コースではあるが特に序盤の景観は良く、キツくても顔を上げ、その眺望を楽しんで貰いたい。

スタート地点

スタート地点

 国道163号線、笠置橋西のド派手な看板の分岐点。
 見落とすことはほぼない。

スタート直後

スタート直後

 スタート開始から15%を越えそうな激坂。
 しかしまだまだ序の口。

序盤の九十九折れ

序盤の九十九折れ

 序盤は九十九折れから始まり、この九十九折れを抜けると集落に入る。

集落開始

集落開始

 400m地点、ここから集落が始まる。
 コース右寄りのアスファルトが滑らかで走りやすい。

集落内

集落内

 800m地点、右コーナー。
 集落内は多く分岐があるが、ほぼ迷うことはない。

笠置形燈篭

笠置形燈篭

 右手の石柱が目印の1Km地点。
 まだ1/3にも満たない。

激坂右コーナー

激坂右コーナー

 石柱の100m先、左に視界の開ける右コーナー。
 急勾配でキツいが、左に眺望が広がる。

S字コーナー

S字コーナー

 右に見える1.2KmのS字コーナー。
 見た目に圧倒されるが、ここが最後の壁。

集落上からの眺望

集落上からの眺望

 キツいコースではあるが、眺望は良い。
 苦しい時こそ顔を上げよう。

小さな橋

小さな橋

 1.8Km地点の小さな橋がコース唯一の平坦な場所。
 距離的には半分だが、体感的には2/3クリア。

終盤、林間コースの入り口

終盤、林間コースの入り口

 林間コースへと入って行く2Kmの右コーナー。
 平坦区間が終わり、以後10%前後の坂が続く。

分岐

分岐

 2.5Km地点の分岐。
 下りの右に行きたくなるが、もちろん左である。

ストレート

ストレート

 終盤は進むにつれ傾斜が緩くなり、3.2Kmの直線は5%程度にまで緩む。

ゴール地点

ゴール地点

 最後の左コーナーを抜けると突如現れるゴール。
 正面に見える三国越林道を左に行くと和束町。

 当サイトは関西を中心に、ロードバイクなどの自転車でヒルクライムを楽しめる峠について、マップや写真を添えたコースガイドサイトです。
 ここに掲載される情報は管理人(Nalcise)がロードバイクで実走し、収集・作成しております。
 データ作成に当たり、関西ヒルクライムTT 峠資料室を参考にさせて頂いております。

- 戻る -