ヒルクライム向け峠情報をルートや写真などを添えて紹介

管理人プロフィール

2020/01/18

管理人

Nalcise (ナルシス)

Twitter : @Nalcise

Strava : Nalcise

高槻市在住、フリーのシステムエンジニア。

2017年11月からロードバイクに乗り始めた駆け出しながら、フリーランスで時間が自由になるのをいいことに、平日の昼間から自転車を乗り回す。

元々は「京都などちょっとした旅行に行けたら」と始めたロードバイクだったが、初めて見ると少し遠出をしようとすると坂に阻まれることに気が付く。

そして同時に自分は坂が嫌いだということも自覚。

最初は坂を避けるように走っていたが、どうにも避けきれず、翌年の2018年12月から苦手克服のためにヒルクライム練習を始める。(2~3日に1回ペース)

それから1年余り。

一向に速くはなれないけれど、走った坂の数は少しずつ増えてきたのでカタログ化し始める。

ロードバイク

Canyon Endurace CF 8.0
Canyon Endurace CF 8.0

2002年設立のドイツメーカー、Canyon

自転車店には一切卸さない、メーカー直販の通販のみという一風変わったメーカー。

流通経費がかからない分、恐ろしくコストパフォーマンスが高い。

歴史はまだそれ程長くはないものの、UCIチーム2チーム(モビスターとカチューシャ)に供給し、ツールで優勝もしている。

ただ自転車店で買えないためか、実際に乗っている人はまだ少なく、他人と被ることはあまりない。

 

北摂辺りでシルバーのCanyonを見かけたら、私である可能性が高いので声かけてみて下さい。

その他

このサイトについて

お察しの通り、このサイトは関西ヒルクライムTT 峠資料室を参考に作成しております。

件のサイトは関西において大変有名で、掲載されている峠数も多く、私も便利に使わせて貰っています。

しかしながら、2020年3月末を持って「ルート・ラボ」がサービスを終了するということになりました。

そこで気がかりなのが、件のサイトが別のマップ情報に切り替えてくれるのかどうか、です。

ここ数年更新が行われていない状況から少なからず懸念が拭えず、GPXデータのバックアップを取っておりましたが、サイトの写真や説明文と地図データが別々ではなかなか使いづらく、同様のサイトを自作するに至りました。

ただし、記事内容やデータは参考にさせて頂きましたが、一切コピーなどは行わず、独自に実走し、撮影し、記事を書いています。

それが礼儀だと思いますので。

ですので、関西ヒルクライムTT 峠資料室に質、量ともに追いつくまで、まだまだ時間がかかりますが、よろしく応援お願いします。

メーカー名やサイト名等については屋号とし、文中すべて敬称略としております。